個人事業主で融資が必要な時カードローンは利用出来る?

自営の個人事業主でも収入が安定していればOK

 

収入が安定していて、満20歳以上でしたら誰でも融資の申し込みをすることの出来る消費者金融や銀行系カードローンですが、申し込みをしたからと言って確実に借入出来るワケではありません。

 

融資を受けるためには各カードローンで定められている審査に通過しなければいけなく、審査基準を満たしていなければ融資を断れてしまいます。

 

とは言いましても、冒頭の最低条件を満たし、また信用情報に傷が付いていなければ特に問題なくお金を借りることが出来るかと思います。

 

ここで気になるのが、会社や企業に属していない自営業者や個人事業主も融資対象になっているのか?ということです。

 

カードローンについての知識に詳しく無い方の中には「キャッシングは正社員しか利用出来ない」と思っている方も多くいらっしゃいます。

 

しかしそれは大きな間違いであり、雇用形態関係無しで借入は可能で、アルバイトやパートでも審査にさえ通過してしまえばお金を借りられるのです。

 

そしてもちろん自営業者や個人事業主でも全く問題ありません。

 

自営業者や個人事業主も通常の申し込み条件である、満20歳以上で収入が安定しているという条件を満たしていれば審査を受けることが出来ます。

 

カードローンでの少額融資でしたら基本的に本人確認書類のみで申し込み手続きを完了させることが出来るのですが、自営業者や個人事業主の場合には確定申告書の写しなどの収入証明書類の提示を求められますのでご注意ください。

 

その時になって慌ててしまわないためにも、事前に用意しておくことをオススメします。

 

無事審査に通過し借入が出来るようになったとしても、基本的にカードローンというのは事業運転資金としての利用は認めていません。

 

確かに使い道は自由ですが、生活費や交遊費、買い物、旅行などに限られ、事業の資金繰りに使うことは出来ませんのでご注意ください。

 

しかし大手消費者金融のプロミスでは事業運転資金としての利用も認めていますので、もし事業に関係するお金が必要でしたらプロミスへ申し込みをしてみてください。