ブラックリストでも融資OKな金融業者は無いのか?

ブラックリストでも借りれる貸金業者なんてあるの?

 

ブラックリスト入しているとローンの審査に通らない。

 

このような事を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

 

ここではブラックでもキャッシングOKの消費者金融や中小サラ金はあるのかについて解説していきたいと思います。

 

 

まず最初にブラックリストというリストは存在しません。

 

巷で言われているブラックリストというのは、信用情報機関に事故情報として記録された場合のことを指します。

 

信用情報機関では個人の信用情報を管理しています。

 

クレジットカードやキャッシングを利用すると、その利用履歴が信用情報機関に記録されます。

 

この利用履歴の事を信用情報と言います。

 

クレカやローンのあらゆる情報が記録として残っており、銀行や消費者金融では審査時に申し込み者の信用情報を必ずチェックしています。

 

信用情報には返済の遅延や踏み倒し、強制解約といった情報も記録しており、この情報のことを事故情報と呼んでいます。

 

また債務整理や任意整理、自己破産などを行なった場合も当然記録として残ります。

 

これらの自己情報が残っている間は新たに借金をすることはほぼ不可能です。

 

信用を欠く行為を行なっているのですから当然のことなのです。

 

 

ブラックリストに載ると一生消えないと勘違いされる方は多いです。

 

しかし実際は一生記録が残ることはありません。

 

事故の程度によりますが、大体は5年から長くても10年で記録は消失します。

 

 

前述したようにブラックの方は新たにお金を借りることは出来ません。

 

正規の貸金業者であれば事故情報のある方は申込不可としていますので、審査すら受けさせてもらえません。

 

ですが中にはブラックでも融資OKとしている業者が存在します。

 

大手消費者金融であればまずあり得ません。

 

しかし中小サラ金や街金、ヤミ金は多重債務者やブラックの人にも貸付を行なっているところが多いです。

 

こうした業者は正規の貸金業者ではありませんので非常に危険です。

 

絶対に手を出さないことです。